響美全心

今、奇跡が起こりそうな予感に・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
全国大会Part2
今日は、高校編で~す。

①2:福岡工業大学附属城東高等学校吹奏楽部 (指揮 : 屋比久勲) 2年連続25回目
課題曲3:パルセイション(木下牧子)
自由曲:エルフゲンの叫び(G.ローレンス)
なんか、ここのバンドは去年のメンバーも結構残ってたそうで。でも、あんまり好きな演奏ではない。屋比久先生最後の年だそうで。来年は、鹿児島の情報高校へ行くらしいです。

②6:春日部共栄高等学校吹奏楽部 (指揮 : 都賀城太郎) 3年連続4回目
課題曲1:架空の伝説のための前奏曲(山内雅弘)
自由曲:科戸の鵲巣~吹奏楽のための祝典序曲~(中橋愛生)
全国初演奏の科戸の鵲巣は、名演奏だった。創価学会も同じ自由曲をやったが、共栄の方が、レベルは上。来年は、コンクール出場の資格はないが2年後も和物を演奏するだろう。

③8:東海大学付属第四高等学校吹奏楽部 (指揮 : 井田重芳) 3年連続26回目
課題曲1:架空の伝説のための前奏曲(山内雅弘)
自由曲:管弦楽組曲「第六の幸運をもたらす宿」より(M.アーノルド/瀬尾宗利)
コンクールの定番となった、この曲。出だしこそ、微妙だったものの、Flソロ以降は、常連校らしい、すばらしい演奏を見せてくれた。

④10:東海大学付属高輪台高等学校吹奏楽部 (指揮 : 畠田貴生) 2年連続4回目
課題曲1:架空の伝説のための前奏曲(山内雅弘)
自由曲:バレエ音楽「ガイーヌ」より(A.ハチャトゥリャン/中原達彦)
出れば金賞。高輪台の伝説は、2006年で終わらなかった。カットこそ微妙だったものの、昨年の「サロメ」の2倍も3倍の最高の演奏だった。

⑤13:埼玉栄高等学校吹奏楽部 (指揮 : 大滝 実) 2年連続17回目
課題曲 1: 架空の伝説のための前奏曲(山内雅弘)
自由曲 : 歌劇「トゥーランドット」より(G.プッチーニ/後藤洋)
初めて聞いた、後藤版トゥーランドット。聞きなれた、石津谷、木村の編曲よりも、しつこくない演奏だった。昨年のリベンジを、見事果たせた。

⑥1:常総学院高等学校吹奏楽部 (指揮 : 本図智夫) 3年連続14回目
課題曲 1: 架空の伝説のための前奏曲(山内雅弘)
自由曲 : 交響詩「ローマの噴水」より(O.レスピーギ/本図智夫)
こちらも、栄とならぶ、2005年リベンジ組。お得意の「ローマの噴水」しかし、いつもの噴水に比べ、演奏全体が、薄い気がした。ホルン、フルートの演奏がもっと、響いても、いいと思う。

⑦5:柏市立柏高等学校吹奏楽部 (指揮 : 石田修一) 3年連続19回目
課題曲1:架空の伝説のための前奏曲(山内雅弘)
自由曲:喜歌劇「こうもり」セレクション(J.シュトラウス2世/鈴木英史)
こちらも、栄、常総に続くリベンジ組。例年とはまったく別物の演奏だった。純粋に吹奏楽をしていた。しかし、柏らしくないような気がした。2年後は、また、アフリカ系の曲にチャレンジしてほしい。
⑧11:東京都立片倉高等学校吹奏楽部 (指揮 : 馬場正英) 2年連続5回目
課題曲3:パルセイション(木下牧子)
自由曲:楽劇「サロメ」より 七つのヴェールの踊り(R.シュトラウス/小澤俊朗)
ぶっちゃけ、片倉は、金だとは思わなかった。しかし、演奏は、後半の部3位には入ると思う。来年で、今年の結果が本当か、嘘か、わかると思う。

⑨14:福島県立磐城高等学校吹奏楽部 (指揮 : 根本直人) 2年連続9回目
課題曲3:パルセイション(木下牧子)
自由曲:「交響曲」より、1、4(矢代秋雄/根本直人)
正直、交響曲は、好きでは無い。しかし、この、磐城の演奏で、他の交響曲も好きになれると思った。

来年は、北海道、東関東の全団体が、コンクールに参加できない。しかし、北海道には、札幌白石、大麻の2校があるし、東関東は、銚子、銚子商業、今市、作新学院がいる。来年、北海道、東関東の高校で、金賞を獲るような団体があるのなら、2年後
大どんでん返しがあるかもしれない。来年に期待。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。